精神安定剤の種類

精神安定剤の種類

リーゼ

 

ユーパン錠0.5mg、錠剤白

 

効能

  1. 気分を落ち着かせる薬です。
  2. 不安、緊張、抑うつや自律神経失調症などの症状を改善します。
  3. ときにふらつき、頭重感がおこるkとがあります。
  4. 車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

 

市販の精神安定剤

 

ノイ・ホスロール
商品名 ノイ・ホスロール 12包

内容量 12包
成分・分量 3包(1包2g)中、下記生薬の乾燥エキス(苓桂甘棗湯乾燥エキス)2.100mgを含有します。
ブクリョウ・・・6.0g ケイヒ・・・4.0g タイソウ・・・4.0g カンゾウ・・・2.0g (添加物として乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルスターチを含有します。)
  効能・効果 体力中等度以下で、のぼせや動機があり神経がたかぶるものの次の諸症;動悸・精神不安
用法・用量 大人(15才以上)1回1包、7〜14才1回2/3包、4〜6才1回1/2包、2〜3才1回1/3包、2才未満1回1/4包、1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用してください。
ご服用にあたっての注意 ●生後3ヵ月未満の乳児は服用しないでください。●服用に際しては添付文書をよくお読みになって、ご服用ください。●直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。●小児の手の届かない所に保管してください。
製造販売元 救心製薬株式会社
区分 日本製・ 第2類医薬品

 

 

 

 

 

セントジョーンズワートサプリ
セントジョーンズワートエキス末、澱粉分解物、澱粉、γ−アミノ酪酸(GABA)、バコバエキス末、カモミールエキス末、L-グリシン、L-テアニン、L-トリプトファン、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素

<被包材>ゼラチン(豚由来)、カラメル色素

 

多忙な毎日の健康やくつろぎの時間に欠かせない「GABA」「セントジョーンズエキス末」を配合したサプリメントです。

 

ゆったりしたい時に有用とされるγ-アミノ酪酸(GABA)を1日2カプセルとして5mg、セントジョーンズエキス末を250mg配合。

 

さらに、アミノ酸の一種である、L-テアニン、L-グリシン、L-トリプトファンの3種類をプラス。

 

また、サポート成分としてバコパエキス末、カモミールエキス末を配合し、毎日のくつろぎをサポートします。

 

▼こんな方におすすめ
・元気に過ごしたい方
・キレイを目指す方
・気分を入替えて頑張りたい方
・睡眠が気になる方

 

毎日の美容、健康を維持したい方へおすすめのサプリメントです。

 

※妊娠、授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないで下さい。
※薬を服用(特に血液凝固防止薬・経口避妊薬・気管支拡張薬・強心薬など)あるいは通院中の方はお医者様とご相談の上お召し上がり下さい。

セ・シ・ボン セロトニン を増やす ラフマ葉エキス 配合!

 

商品の仕様
「至福の抗ストレス&リラクゼーション・生薬サプリメント」。 ラフマ葉エキスの癒しのパワーは、心と身体に安らぎと平穏をもたらします。 ラフマ葉エキスは、副作用が無く安全・安心で、薬との相互作用もない抗ストレス作用で、世界で初めて特許を取得しています。
世界で初めて、“幸せ脳内物質”であるセロトニンを増やし、セロトニン神経の透過性を良くする(セロトニン神経を活性化する)と言われる「ラフマ葉エキス」を、1粒中に35mg 配合! 30粒入り 1日2粒~3粒(目安) 10日~15日分。
「セロトニンが不足していませんか?」 セロトニンは加齢やストレスで減少します。 また、女性のセロトニン量は、男性の約52%しかなく、生理前など女性ホルモンの分泌が増えると、セロトニンの分泌が減少する反比例の関係になります。 セロトニンが不足すると、心身の不調やストレス症候群などを招くと言われます。 イライラ、慢性疲労、不眠、便秘、肌荒れ、PMS(月経前症候群)、緊張型頭痛、偏頭痛、冷え性、更年期障害、産後うつなどは、ストレス症候群と言われています。
「病は気(ストレス)から…」  ガンや糖尿病などの生活習慣病は、「生活習慣」+ 「ストレス」 で発症すると言われます。  「治療」より「予防」!  「日々のストレスの緩和・解消」 と 「良質な睡眠」が健康・美容に最も大切です!  自律神経やホルモンのバランスの調整には、セロトニンを増やすことを心掛けましょう! 偏頭痛や生理時の頭痛(6~7割は生理痛ではなく偏頭痛)の緩和・解消にも、セロトニンを増やすことが有効と言われています。
薬とは一緒に飲めない抗ストレスハーブの「セントジョーンズワート」などと違い、薬物への相互作用は一切ありません。50代を中心に40~60代男性にみられる元気・気力の低下や慢性的な疲労感、睡眠障害、勃起の減退などの原因は、加齢による男性ホルモン「テストステロン」の分泌の減少ですが、問題はストレスが原因でホルモン減少が加速することだそうです。40歳前後のアラフォーを過ぎると、女性も男性も自律神経やホルモンバランスを整えるために、セロトニンをケアすることは必須と言われています。また最近の研究では、腰痛の原因は椎間板ヘルニアだというのは間違いで、 「腰痛の85%が原因不明」であり、その主たる原因はストレスだと考えられています。 ストレスでセロトニン不足になると、セロトニン神経が上手く働かなくなるのです。 セロトニン神経は抑制神経なので、腰やひざなど身体の痛みなどの抑制が上手く出来なくなると考えられています。