感情を手放す

感情を手放す

感情を手放すと言っても、?って感じですが。

 

分かりやすく言うと、1つの感情に執着しないこと、ではないでしょうか。
人はトラウマなどがあると、同じ苦痛を受けたくないと遺伝子レベルでインプットされ、同じようなことが起こらないように体が無意識に避けようとします。
それまで出来ていたことが出来なくなってしまったり、行動や体調に大きな変化が現れます。

 

それは、その時の感情の高ぶりや衝撃が心の傷となって、まだしこりとなっている状態なのだと思います。
まだ、雪解けの時期ではないということです。

 

そのために、自分が自覚しないでも、フラッシュバックを繰り返しながら生活をしています。
人間の自然な行動だと思います。「もう、あんなことにならないように」「もう、あんな思いはしたくない」といった強い気持が、その人の行動を変えてしまうのです。
フラッシュバックを繰り返しても、大きく曲がった心の癖は、なかなか元通りにはならないものです。

 

とくに、誰にも話さないで自分の心に気持を閉じ込めてしまっている人、
自分のトラウマって話せないんですよね、本当に
気が付いた時には、精神科、、、

 

誰でもいいので、SOSを出してください。
私も、親に言いたいことが沢山あった。悪口や責めてしまうので言わなかったが、自分の精神があぎりぎりだったので、言わせて貰った。
言ってよかった。って本当に思う。