目的を持って、たまには道草も

人生の目標を持つ

人生、道草を楽しみながら、先を見据えたゴール設定が大切です。自分がこうなりたい、というイメージが明確にあると、多少の休憩や寄り道も有意義なものになります。

 

学生時代の人生目標は設定しやすいのですが、社会に出てからが、人生本番です。荒波を超えなくてはいけないこともたくさんあるでしょう。そんななか、10年、5年、3年、、1年、半年…と期間ごとの目標を設定します。

 

長期、短期の両方で課題が見えるということは、それだけで自分を客観視できて、心身のコントロールができることにつながります。

 

たとえ、期限までに目標が達成できていなかったとしても、短期での目標設定は大切ですし、一番無理なく先に進む方法だと思います。

 

物事というのは、いろいろな側面があります、悪い面ばかり見てたら先に進めません。どんなことでもユーモアあふれる受け止め方をして、前向きに考えていくということは大切なことです。

 

遠回りも豊かな人生です。

理由は分からないけど、なぜだか物事が上手く回らないことってありますよね。
理由は分からないけど、なせだか物事が上手く回ることがありますよね。

 

物事が上手く回らない時期は、物事が上手く回るように準備している期間だと、、

 

これは、古谷一行さんが、インタビューでおっしゃっていました。

 

上手く回らないときは、上手く回るときのために、自分を見直したり、改めなくてはいけない時期でもあると思います。理由がなく何か悪いことが起きない、必然性があって起こるのであるから、自分の成長だと捉えて、自分を丸くすることも前向きな行為だと思います。

 

でも、上手くいかないときって、何ししても上手くいかない…ですよね、そんなときは冬眠しちゃいましょう。!!