自尊心を強く持つ

自尊心が低いとストレスを受けやすい

ストレスに強い生き方をしていかなくては生きれない状況ともいえます。

 

生きていく、生活の中で、とても大事だとされている「自尊心」

 

自尊心とは、自分の人格を大切にする気持ちであります。ですが、社会生活では自尊心を傷つけられることもたくさんあります。それに戦わなくてはいけないときもある。社会では弱さを見せられないというのが現状、常に社会の一員として、個として凛とした態度で生きていないと、足元をさらわれてしまうのです。

 

自尊心を高める方法

  • 自分が役立つイメージをする(自分が社会の中で重要であることを自覚する。)
  • 化粧をする(外見も大切、見栄えを良くして、身だしなみを整えましょう。)
  • 姿勢をよくする(背筋を伸ばして歩く。)
  • 運動して体を引き締める(スタイルをよくする)

 

自分の思考傾向を認識する

競争心が強く、攻撃的なタイプ【心臓発作性格】
くつろぎの時間を持ちましょう、あわてづにひとつひとつ片付けていきましょう、マイペースにやっていきましょう。

 

他人に協力的で控えめ、怒りなどの感情を押さえ込むタイプ【ガン性格】…ストレスと性格の相乗効果で病気を生みがち;
このタイプの人は、自己主張をきちんとして、断ることを恐れない、感情は抑えない、ようにしてみましょう。

 

自分がどっちの傾向が強いかなど認識することは大事だと思います。そして、その時々で、言わなきゃいけないときは言わないといけない、、戦いから逃げると追われる場合もあります。そして、何よりも相談相手も必要で、複数の相談相手がいた方が、うまくしのぐことができます。

 

内容によっては、専門機関に相談したほうがよい場合もあります。心に風邪を引いたら心療内科へ行きましょう。近くの保健センターや児童相談所でも相談にのってくれます。