フラッシュバック治療

フラッシュバック 治療

フラッシュバックしている時期といのは、とても辛いです。
言葉にするのは難しいほど、先の見えない暗闇のトンネルの中を歩いているよう。

 

フラッシュバックの中にいるときは、その過去に戻って現在と混同しているかのような錯覚に陥ります。
そして、何かをきっかけで、体験が襲ってくる。
その時は、自然に言葉を発していました、その時言えなかった言葉を…
こうしたかった、こうすればよかった、言えなかった、言いたかった、伝わらなかった、伝えられなかった、行かなければよかった、行けばよかった、、
後悔の思いや、できなかった事、、そして押さえ込んだ思い、押し殺した思い、、

 

自分のキャパシティーを超えてしまうと、フラッシュバックは自分の意思ではどうにもなりません。
フラッシュバックが起きていると、心身ともに疲れます。
そして、頭の中を整理するかのように、ボーッとしてしまうのです。

 

上に書いたのは私の体験ではありますが、
精神的に辛すぎて、自殺しそうだと、安定剤などが必要だと思いますが、
フラッシュバックしている時は、独り言でもいいので、「「やめて!!」」言葉にする、と少しかもしれませんが、払拭される気がします。

 

フラッシュバックしているときは、周りが困惑します。
突然、些細なことで怒ってしまうこともあるので、相手は大抵怒ってしまいます。なので、喧嘩もしましたね。