トラウマが原因で境界性人格障害

境界性人格障害とは

境界性人格障害、いわゆるボーダー
精神病と神経質の間とされる、「あの人ボーダーっぽいよ?」と見られ、生活をしてきました。

 

それは、自分のトラウマからきていて、現在の人間関係までにも悪影響をきたしているものでした。それに気づかず生活していたのですが、、ふとしたことがきっかけでフラッシュバックしたのでした。
フラッシュバックしてからというもの、半年近くをかけて、昔の因縁を消化していきました。
薬も効かない体調不良、

 

これは、子供にも影響していました。自分のことなのに、自分のことのように感じない解離症状、、アレルギー性鼻炎、足の湿疹、、

 

フラッシュバックが終わると、健康になったりします。

 

やっと、現状が冷静に分かるようになりました。
でも、人間関係を築こうとしても、最初のイメージが悪かったので、なかなかそれを払拭することはできませんでした。その中でも、お付き合いできる方もチラホラと…

 

フラッシュバックが終わったのに、すごく眠い、夜眠れない、肩が重い…などの症状が治りませんでした。
そして、やっぱり私は、境界性人格障害ではないのか??!!と通常思うであろう、日によって、気が強かったり、反対に気が弱かったりと、周りの人がとまどうほどの変化がありました。
やっぱり、私って??ボーダー??

 

通常そう思いますよね??

 

ひきこもりがちで生活していたので、近所の人が心配して、接してくれていました。
私も、たまに暴言を吐いたり、タバコを吸いたくなったりと、とても不安定でした。
でも、一番不安定にさせてしまったのは、子供でした。
でも、自分でもどうにもなりません。
原因が分からないのです。

 

ボーダーの気質はあるので、そう言われれば、ボーダー???だよね。と言う感じではあるのですが。