ストレスコントロールのための7か条

ストレスをコントロールする

 

ストレスをコントロールする対応は1つではなく、自分になったものを組み合わせましょう。

 

人との交流を大事に、上手に(ストレス要因を減らす)

人との交流は、ストレスの原因にも、解消する手段にもなります、よりよい人間関係づくりを目指しましょう。

 

仕事に充実感をもつ(ストレス耐性を上げる)

自分の仕事に意味を見出す、考え方を柔軟にすることなどで充実感が高まるとストレスはたまりにくくなります。

 

ダウンする前に休養(ストレスを解消する)

体力的に無理が続いていると感じたら、事前に仕事が滞らないように配慮した上で、計画的に休暇をとりましょう。よりよい働きのために、休暇は必要なことです。今は辛くても、先の休暇を楽しみにして過ごしましょう。楽あれば苦ありですね。

 

趣味をもつ(ストレス解消する)

人との競争が激しいもの、上手くなろうとするとプレッシャーになりすぎるものは避けましょう。趣味を通した交流は、ストレス解消に効果的です。

 

手軽なリラックス法を身につける(ストレス解消する)

手軽でお金がかからず、いつでもどこでも毎日できる理アックス法を身につけましょう。

 

自分を知る

自分の体力やよく効くストレス解消法など、自分の特性を理解しましょう。どんな時にストレスが溜まりやすいか、自分の思考や行動パターンを知っておくと、ストレスをうまく処理するのに役立ちます。

 

ストレスのある環境そのものを帰るのは最後の手段

強いストレスを受けているときは、考えが偏っている可能性があります、突然退職するなど人生の上での大きな決断は避けたほうがよいといわれています。